秋田知事「地上イージスは争点」 改めて防衛省批判、「反発ある」

 秋田県庁で記者会見する佐竹敬久県知事=8日午後、秋田市

 秋田県の佐竹敬久知事は8日の記者会見で、地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の配備候補地を陸上自衛隊新屋演習場(秋田市)とする計画が、参院選の争点になるとの考えを示し、防衛省を改めて批判した。

 佐竹知事は争点として年金、農産物を巡る日米貿易交渉に並び、イージス・アショアを挙げ「私も不満だし、新屋地区のみならず、秋田市を中心に反発がある」と述べた。

 新屋演習場を適地とした防衛省調査に数値のミスが見つかり、知事は「協議はゼロベースあるいはマイナス。新屋だけを前提とした再調査を行うなら応じない」と強調した。

共同通信社 2019年7月8日 無断転載禁止