天皇陛下に五輪名誉総裁要請へ パラリンピックも

 天皇陛下

 菅義偉官房長官は9日の閣議で、天皇陛下に2020年東京五輪・パラリンピック両大会の名誉総裁就任を要請するため、安倍晋三首相が宮内庁に依頼の手続きをとると報告した。鈴木俊一五輪相が閣議後の記者会見で明らかにした。

 1964年東京大会では五輪は昭和天皇が、パラリンピックは皇太子さま(現上皇さま)が名誉総裁を務められた。今回は両大会の名誉総裁を統一することで、パラリンピックも五輪と同列に位置付ける意味合いがある。

 大会の開会宣言は、五輪は国家元首が行うと定めており、20年東京大会はパラリンピックも含め、天皇陛下が行うことが予想される。

共同通信社 2019年7月9日 無断転載禁止