選挙目当てと疑念―野党 関係性を強く否定―与党

 ハンセン病家族訴訟で国に損害賠償を命じた熊本地裁判決への控訴見送りについて、野党の一部は9日、参院選期間中の表明に「選挙目当て」(又市征治社民党党首)と疑念の目を向けた。与党は「選挙と故意に結びつけるべきではない」(山口那津男公明党代表)と関係性を強く否定した。

 自民党の萩生田光一幹事長代行は記者団に「選挙に合わせて判決が出たわけではない。直接の影響はないと思う」と強調した。

 山口氏は横浜市の街頭演説で「患者の家族も偏見や差別に苦しんできた。控訴断念で早く解決される」と述べ、政府の決断を評価した。

 立憲民主党の枝野幸男代表も記者団に控訴見送りを「歓迎する」とした上で「選挙と結び付けるような小さなテーマではない」と指摘した。

 共産党の市田忠義副委員長は「控訴は選挙にマイナスになるとの思いもあっただろう。世論がそういう判断に追い込んだ」と記者団に話した。

 日本維新の会の松井一郎代表は「いい判断だ。国民の圧倒的多数も、患者の家族に寄り添うべきだとの思いだ」と語った。又市氏は記者会見で「国が真摯に謝罪し、二度とこうした人権侵害が生じないよう約束するよう求めたい」と注文した。

共同通信社 2019年7月9日 無断転載禁止