ラピノー選手、議会訪問へ サッカー女子米国代表

 サッカー女子米国代表のラピノー選手(ゲッティ=共同)

 【クリーブランド共同】サッカーの女子ワールドカップ(W杯)フランス大会で優勝した米国代表の主力、ラピノー選手が、米議会からの招待を受託したと民主党のシューマー上院院内総務が明らかにした。9日、AP通信が報じた。訪問の時期は未定。

 同性愛を公言しているラピノー選手はW杯開催中に優勝してもホワイトハウスを表敬訪問しないと表明し、トランプ大統領からツイッターで攻撃された。ホワイトハウスが代表チームを招待するかは明らかになっていない。

共同通信社 2019年7月10日 無断転載禁止