松江市が特養を処分 利用者1カ月 受け入れ停止

松江市が1カ月間の新規利用者の受け入れ停止処分にした特別養護老人ホーム長命園=松江市上乃木10丁目
 松江市は9日、介護中の寝たきりの入所者がベッドから転落して骨折していたにもかかわらず、職員が救護措置をとらずに放置する虐待があったとして、特別養護老人ホーム長命園(松江市上乃木10丁目)を介護保険法に基づき、8月1日から1カ月間の新規利用者の受け入れ停止処分にしたと発表した。同法の人格尊重義務違反を市として初適用した。

 市と長命園によると、1月17日深夜、40代の女性職員が介護中に目を離した隙に70代の女性入所者が高さ63.5センチのベッドから転落。職員は骨折に気付かずそのままベッドに戻し、誰にも転落の事実を伝えないまま放置した。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2019年7月10日 無断転載禁止

    • マイベストプロ
    • マイベストプロ島根 マイベストプロ鳥取マイベストプロ