国交省、なにわ筋線に事業許可 関空へのアクセス向上

 なにわ筋線の鉄道事業許可で、許可状の交付を受ける関西高速鉄道の岡崎安志社長=10日午前、大阪市

 国土交通省は10日、大阪市内を南北に貫く新線「なにわ筋線」(約7・2キロ)の鉄道事業許可を申請していたJR西日本などに許可状を交付した。許可は同日付。2031年春開業予定で、大阪市中心部から関西空港へのアクセス向上が期待される。

 なにわ筋線は、JR大阪駅北側の再開発地区「うめきた」の地下に新設中の「北梅田駅」(仮称)とJR難波駅、南海電鉄新今宮駅を結ぶ。

 大阪・難波と関空を結ぶ南海の特急「ラピート」は北梅田経由で新大阪―関西空港の直通運転が可能になる。関空と新大阪、京都方面を結ぶJRの特急「はるか」も時間短縮が見込まれる。

共同通信社 2019年7月10日 無断転載禁止