玄海原発の運転差し止め認めず 福岡高裁「具体的な危険ない」

 佐賀県玄海町の九州電力玄海原発3号機(右)と4号機 九州電力玄海原発3、4号機を巡る仮処分の即時抗告審で福岡高裁が差し止めを認めず「不当判決」などの垂れ幕を掲げる住民ら=10日午後、福岡高裁前

 九州電力玄海原発3、4号機(佐賀県玄海町)の周辺住民らが九電に運転差し止めを求めた仮処分の即時抗告審の決定で、福岡高裁(山之内紀行裁判長)は10日、「原子炉施設が安全性に欠け、重大な被害を及ぼす具体的な危険があるとは認められない」として、差し止めを認めなかった佐賀地裁決定を支持し、住民側即時抗告を棄却した。

 住民側は、耐震設計の目安となる基準地震動が過小評価され、配管劣化による重大事故の恐れもあると指摘。阿蘇山(熊本県)などの火山が大規模に噴火して火砕流が到達する可能性は十分あると主張した。

 九電側は、「必要な対策は講じている」と反論していた。

共同通信社 2019年7月10日 無断転載禁止