夏の高校野球 島根大会 14日開幕

 第101回全国高校野球選手権島根大会が14日、開幕する。前回と同じ39校が出場。松江市営野球場と江津市民球場を舞台に、甲子園を目指す戦いが繰り広げられる。

 秋春の県大会を制した大社、秋春4強の矢上、春準優勝の三刀屋、春4強の出雲商のシード校に加え、開星や石見智翠館、立正大淞南など力のある私学勢も上位を伺う。

 開会式は14日正午から主会場の松江市営野球場である。休養日などを除き、27日までの11日間の日程で行われる。

2019年7月11日 無断転載禁止