ハシビロコウ 13日から一般公開 松江フォーゲルパーク

13日から一般公開されるハシビロコウ=松江市大垣町、松江フォーゲルパーク
 松江フォーゲルパーク(松江市大垣町)で13日、国際自然保護連合に絶滅危惧種(2類)に指定されているハシビロコウを一般公開が始まる。中央アフリカ原産のペリカンの仲間で、体長120センチのオスの1羽。森本未来飼育員(38)は「じっとしていることが多いのでわずかな動作に注目してほしい」と話した。

 同種は青みがかった灰色の羽毛と大きな頭が特徴。羽を広げると230センチになる。中国地方の施設では現在唯一の展示。9月1日まで名前を募集する。

2019年7月12日 無断転載禁止

    • マイベストプロ
    • マイベストプロ島根 マイベストプロ鳥取マイベストプロ