急発進防止装置の補助31日から 東京都が9割、高齢者向けに

 東京都は12日、ブレーキとアクセルの踏み間違いによる急発進を防ぐ装置の購入を9割補助する高齢ドライバー向け制度の詳細を明らかにした。対象は本年度中に70歳以上となる都内在住者とし、今月31日に開始。来年8月末までに支払いを済ませる必要がある。

 都によると、既存の車に後付けする装置を都が指定した業者の店舗で購入すれば、1台あたり10万円を限度に9割を補助。予算規模は約8億5千万円の見込み。

 希望者は店舗で自分の車に取り付け可能な装置かどうかを確認し、取り付け日を予約。当日に来店して申込書を提出し、使用方法の説明を受けて個人負担分の1割のみを店頭で支払う。

共同通信社 2019年7月12日 無断転載禁止