ホテル従業員に不適切行為 五輪テスト大会の関係者

 2020年東京五輪・パラリンピックのアーチェリーのテスト大会(夢の島公園アーチェリー場=東京都江東区)に参加しているサウジアラビアのチーム関係者が、宿泊先の都内のホテルで、女性従業員に抱きつく不適切行為を行っていたことが13日、分かった。複数の関係者が明らかにした。

 関係者によると、11日午前に宿泊先の清掃を担当する従業員に抱きついたという。東京五輪の大会組織委員会は取材に対し「大変遺憾である。当該者と当該国の国内競技団体に対して、国際競技連盟から厳正に対処していただくことを望みたい」とした。

共同通信社 2019年7月14日 無断転載禁止