旧聖火台に小学生が点火、岩手 陸前高田でイベント

 1964年東京五輪の聖火台の点火イベントで手を振る参加者ら=14日午後、岩手県陸前高田市

 東日本大震災の津波で大きな被害を受けた岩手県陸前高田市の交流センターで14日、1964年東京五輪で使われた聖火台に小学生がトーチで点火するイベントが行われた。聖火台は日本スポーツ振興センター(JSC)が震災復興支援の一環として宮城県石巻市に貸与していたもので、5月に岩手県へ移設された。

 鮮やかなオレンジ色の炎が上がると、参加した小学生や地元の住民ら約100人から拍手が湧き起こった。点火した同市の小学1年菅野心美さん(6)は「きれいだった」とはにかみ、五輪では「水泳が見たい」と話した。

共同通信社 2019年7月14日 無断転載禁止