イージス艦、秋田派遣中止 地上型配備巡り地元で反発

 海上自衛隊が今月開くPRイベントで予定していた秋田市へのイージス艦の派遣を取りやめたことが14日、分かった。同市では政府が地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の導入を目指しているが、配備に向けた調査ミスや不手際が相次ぎ、地元の反発が強まっている。

 防衛省海上幕僚監部は取材に「部隊運用上の都合で派遣できなくなった」と説明、イージス・アショアを巡る問題とは無関係としている。ただ、地元の反発に配慮したとの見方も出そうだ。

 イベントは27、28日に秋田港で行われる。自衛隊秋田地方協力本部によると、海自の活動に理解を深めてもらおうと毎年開催している。

共同通信社 2019年7月14日 無断転載禁止