新幹線、作業遅れで一時見合わせ 新横浜―熱海、19本に影響

 東海道新幹線は15日、神奈川県小田原市での夜間のポイント保守作業に遅れが発生したため、新横浜―熱海間の上下線で始発から一時運転を見合わせた。作業が終了し、安全が確認されたとして午前7時すぎに運転を再開した。

 JR東海によると、上下計19本が最大62分遅れ、約1万2千人に影響した。直結する山陽新幹線も一部の列車が遅れた。同社が詳しい原因を調べている。

共同通信社 2019年7月15日 無断転載禁止