目黒駅前で男に傘で突かれ失明 タクシー乗車時、傷害事件で捜査

 東京都品川区にあるJR目黒駅前の路上で4日午後8時40分ごろ、50代のコンサルティング会社社員の男性がタクシーに乗ろうとした際、面識のない男に傘で目の近くを突かれていたことが16日、警視庁大崎署への取材で分かった。捜査関係者によると、男性は片目を失明する重傷を負って入院し、署が傷害事件として捜査している。

 大崎署によると、男性の話では、男はワイシャツに黒っぽいスラックス姿だった。署は2人の間に何らかのトラブルがあったとみて詳しい状況を調べている。

 事件直後、男性が「傘で目を突かれた」と110番した。

共同通信社 2019年7月16日 無断転載禁止