プロ野球、6月のサヨナラ賞発表 阪神の原口、ロッテの鈴木が受賞

 セ、パ両リーグは19日、最も印象に残るサヨナラ打を放った打者を表彰する「スカパー!サヨナラ賞」の6月の受賞者に、阪神の原口とロッテの鈴木を選んだと発表した。

 原口は大腸がんの手術から6月に復帰し、9日の日本ハム戦で3―3の九回に代打で適時打を放った。鈴木は同16日の中日戦で、5点を追う九回にソロ本塁打で反撃の口火を切り、打者一巡した2死満塁で逆転の2点適時打を放ち試合を決めた。

共同通信社 2019年7月19日 無断転載禁止