五輪聖火、日航が空輸を担当 全日空ロゴ併記で痛み分け

 日航のボーイング787

 2020年東京五輪・パラリンピックでギリシャから日本への聖火の空輸を日航が担当することが20日、関係者への取材で分かった。ボーイング787の機体や操縦するパイロットを提供する。古代五輪発祥の地、ギリシャ・オリンピアで採火した聖火の日本への空輸は航空会社にとって晴れ舞台。日航は航空大手のライバル全日空とどちらが担当するか水面下で「火花」を散らしていた。

 両社はともに20年五輪の「オフィシャルパートナー」となっている。大会組織委員会は、使用する機体から日航のイメージを排除し、両社のロゴを機体に併記する異例の「痛み分け」とする対応を取る。

共同通信社 2019年7月20日 無断転載禁止