角や大顎触れて楽しむ 益田 カブトムシ・クワガタ展

カブトムシを手のひらにのせて感触を楽しむ来場者(左)
 世界の27種類のカブトムシとクワガタムシを一堂に集めた展示イベントが20日、島根県益田市高津町の県立万葉公園管理センターで始まった。訪れた子どもたちが早速、カブトムシに触ったり、金属のような光沢があるクワガタムシを眺めたりして楽しんでいる。8月17日まで。無料。

 子どもたちに夏休みの思い出をつくってもらおうと、同公園が毎年企画。市内や浜田市の飼育家から借り受けた世界最大種のヘラクレスオオカブトや、長い大顎が特徴的なギラファノコギリクワガタなどカブトムシ8種類、クワガタムシ19種類を用意した。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2019年7月21日 無断転載禁止

    • マイベストプロ
    • マイベストプロ島根 マイベストプロ鳥取マイベストプロ