安倍政権で改憲、反対47% 賛成の40%上回る、共同調査

 東京・永田町の自民党本部に入る安倍首相=21日午後7時55分

 共同通信社が実施した出口調査で「安倍晋三首相の下での憲法改正」について賛否を聞いたところ、全体で反対が47・5%となり、賛成の40・8%を上回った。支持政党別に見ると、自民党は賛成73・7%、反対18・1%で、公明党は賛成46・6%、反対39・6%。与党支持層でも温度差があった。

 改憲は首相の持論。参院選でも9条への自衛隊明記の必要性を訴えるなど争点化を図ったが、有権者の理解は進まなかった格好だ。

 自公とともに「改憲勢力」と位置付けられる日本維新の会の支持層では、賛成44・9%、反対48・3%でほぼ拮抗した。

共同通信社 2019年7月21日 無断転載禁止