五輪でプロ野球変則スケジュール セ・リーグ来季日程発表

 セ、パ両リーグは22日、来季のセ・リーグ公式戦と交流戦の日程を発表した。東京五輪・パラリンピックが開催されるために横浜スタジアムと神宮球場が使用できない期間があるため、DeNAとヤクルトが一部の主催試合を東京ドームなどで開催する変則日程となった。同一リーグの他球団の本拠地で主催試合を行うのは異例。パの来季日程は29日に発表される。

 DeNAは6月26日からの阪神3連戦など6試合を巨人の本拠地の東京ドーム、7月17日からの巨人2連戦をロッテの本拠地ZOZOマリンスタジアムで主催する。ヤクルトも7月7日からの中日3連戦など東京ドームでホームゲームとして行う。

共同通信社 2019年7月22日 無断転載禁止