女子ログ 見て、知る音楽

 音楽を聴くのが好きだ。今の時代は配信サービスで流行の曲を手軽に聴く事ができるし、思いがけずすてきな曲に出合えるのも魅力だ。スマートフォンにデータを入れておけば、通勤や家事をしながらいつでも聴ける。

 最近、知人から有名なジャズバンドのCDを薦められた。配信もされていたので、手軽にスマートフォンにダウンロードして聴いていたのだが、「CDを買う方が良い」とのこと。どっちでも一緒でしょ、と思いつつCDを買ってみた。

 オシャレなジャケットを見て、演奏者の背景や曲のエピソードが書かれたリーフレットを読みながらスピーカーに対峙(たいじ)して聴く。すると、何かをしながらイヤホンで聴いていたのでは分からなかったリズムやメロディーに気が付いた。

 リーフレットには、その音楽がどんなふうに生まれたのか、同時代の他のバンドと比べてこんな特徴があって…などが書かれている。CDを手にしたことで聴き方を変え、リーフレットに書かれた情報を知り、ジャケットに込められた意図を想像したりすると、その音楽が立体的になって私の中へ入ってきた気がした。

 手軽な半面、玉石混交の情報があふれるネット上ではたどり着けなかったかもしれない体験を得て、また一歩深い音楽の世界に踏み込めたように思う。

 (益田市・チャッキー)

2019年7月22日 無断転載禁止