広島、緒方監督を厳重注意 平手でたたく暴力行為で

 広島の緒方孝市監督

 プロ野球広島は24日、緒方孝市監督(50)に15日付で厳重注意処分を科したと発表した。野間峻祥外野手(26)を平手でたたくなどの暴力行為があったため。鈴木清明球団本部長が明らかにした。6月30日、横浜スタジアムで行われたDeNA戦後、複数回たたくなどの不適切な指導があったという。

 緒方監督は試合中の野間外野手の怠慢に映る走塁に怒ったという。広島の調査では選手に暴力をふるったのは今回が初で、常習性はないと確認した。球団によると監督は後半戦初戦の今月15日のDeNA戦の試合前に、野間外野手を含めた選手、首脳陣、チームスタッフの前で謝罪した。

共同通信社 2019年7月24日 無断転載禁止