桑田真澄氏、斎藤隆氏が野球教室 震災復興の一環、仙台市で

 野球教室で子どもたちを指導する桑田真澄氏=25日、仙台市内 野球教室で子どもたちを指導する斎藤隆氏=25日、仙台市内

 日米両球界でプレーした桑田真澄氏と斎藤隆氏が25日、仙台市内で野球教室を開き、小中学生約60人にキャッチボールやティー打撃、ノックの基本プレーを指導した。巨人で通算173勝を挙げ大リーグのパイレーツでも投げた桑田氏は、身ぶり手ぶりで教え「キャッチボールからきっかけをつかんで上達してくれたら」と笑顔で話した。

 野球教室は東日本大震災の復興支援の一環。仙台市で育って日米で24年間のプロ生活を送った斎藤氏は「地元に少しでも貢献できることは願ったり、かなったりです」と喜んだ。桑田氏も「震災から何年もたっているが、少しでも何か協力できたらという思い」と述べた。

共同通信社 2019年7月25日 無断転載禁止