水球、男女とも東京五輪へ 日本水連、開催国枠を行使

 【光州(韓国)共同】日本水連は25日、水球男女の日本代表を開催国枠で東京五輪に出場させることを決めた。今後、各11人の代表選手の選考を進める。これまで開催国枠の行使について正式に決定していなかったが、男子が11位、女子が13位だった世界選手権の結果、内容を踏まえて判断した。

 男子は32年ぶりの出場だった2016年リオデジャネイロ五輪に続いて9度目、女子は初出場となる。報道陣の取材に応じた青木剛会長は「男子はベスト8に進出できる可能性があり、女子もチーム力向上が見られた」と語った。

共同通信社 2019年7月25日 無断転載禁止