五輪想定の規制、首都高渋滞も テスト2回目、金曜で混雑

 警視庁の交通管制センターで首都高速道路の混雑状況を説明する東京五輪大会組織委の輸送担当者(右)=26日午前

 東京五輪・パラリンピックを想定した大規模な交通規制テストが26日、首都圏であった。24日に続いて2回目。本番で選手らが移動に使う首都高速道路は、両国ジャンクション(東京都墨田区)付近などで一時、渋滞が起きた。金曜日で物流のトラックなどが増えたためとみられる。

 一方、国土交通省によると、前回テストした24日の首都高の交通量は101万4千台で、前年同時期に比べ7・3%減少。大会組織委員会が掲げる最大30%の削減目標には遠かった。組織委などは26日の結果も踏まえ、首都高の料金を時間帯で変動させる「ロードプライシング」を採用するなど、本番の対策を決める。

共同通信社 2019年7月26日 無断転載禁止