柔道GP大会、梅木真美が優勝 原沢久喜は決勝で敗れる

 女子78キロ級2回戦 組み手を争う梅木真美(右)=ザグレブ(共同)

 【ザグレブ共同】柔道のグランプリ大会最終日は28日、ザグレブで男女計5階級が行われ、男子100キロ超級は世界選手権(8月25日~9月1日・日本武道館)代表で2016年リオデジャネイロ五輪銀メダルの原沢久喜(百五銀行)が決勝でゲラ・ザーリシビリ(ジョージア)に延長の末に一本負けし2位だった。

 世界選手権女子78キロ超級代表の19歳、素根輝(環太平洋大)は初戦の2回戦から4試合を勝ち進み、決勝は不戦勝。同78キロ級でリオ五輪代表の梅木真美(ALSOK)も優勝した。

共同通信社 2019年7月29日 無断転載禁止