スケボー、堀米雄斗が優勝 ストリートリーグ、西村碧莉4位

 ストリートリーグ第2戦で優勝した堀米雄斗(右)=ロサンゼルス(共同) 女子決勝で演技する西村碧莉=ロサンゼルス(共同)

 【ロサンゼルス共同】スケートボード・ストリートの世界最高峰プロツアーで、来年の東京五輪の予選対象大会を兼ねるストリートリーグ(SLS)第2戦が28日、米ロサンゼルスで行われ、男子決勝は昨年に3勝した堀米雄斗(XFLAG)が35・7点で優勝した。白井空良(ムラサキスポーツ)は27・0点で6位。池田大亮(同)は準決勝で敗退した。

 女子決勝は1月の世界選手権(ブラジル)を制した西村碧莉(木下グループ)が22・1点で4位、12歳の織田夢海(ムラサキスポーツ)は8・1点で8位だった。ライッサ・レアウ(ブラジル)が23・3点で優勝した。

共同通信社 2019年7月29日 無断転載禁止