全国地方新聞社ふるさとブックフェアin出雲

ふるさとブックフェア
「チラシPDF」
 「令和ふるさとを見つめて」をテーマに、北海道から沖縄まで全国の地方新聞社28社の本1,300冊を一堂に集め、販売します。それぞれの土地の歴史や文化、自然などを題材にしたエッセーや絵本、ガイドブックなど、全国各地の魅力あふれる書籍を、この機会にお買い求めください。山陰地方での開催は2016年以来、2回目です。

◆日 程 8月3日(土)~9月16日(月・祝)
◆テーマ 「令和のふるさとを見つめて」
◆会 場 今井書店出雲店(出雲市高岡町1237-1)
◆主 催 今井書店出雲店、全国新聞社出版協議会
◆主 管 山陰中央新報社
◆協 力 トーハン広島支店
◆問い合わせ 山陰中央新報社出版部、電話0852-32-3420(平日午前10時~午後5時)
       今井書店出雲店、電話0853-22-8181(午前10時~午前零時)
 
山陰中央新報社北海道新聞社デーリー東北新聞社秋田魁新報社岩手日報社河北新報出版センター福島民報社福島民友新聞社下野新聞社上毛新聞社東京新聞新潟日報事業社静岡新聞社中日新聞社岐阜新聞社京都新聞出版センター奈良新聞社神戸新聞総合出版センター中国新聞社愛媛新聞社高知新聞総合印刷西日本新聞社長崎新聞社熊日サービス開発南日本新聞開発センター琉球新報社共同通信社
  【イチオシの1冊】

令和元年ホーランエンヤ 感動記録写真集

ホーランエンヤ 感動記録写真集
仕  様 A4判、98ページ
本体価格 1,300円
内  容 ことし10年ぶりに繰り広げられた日本三大船神事の一つ「ホーランエンヤ」。令和元年の水都・松江を彩った絢爛な船行列を、豊富な写真で再現。神事を支える人々にスポットを当てた記事も盛り込み、感動と興奮を伝えます。
 
【出品書籍一覧】

令和元年ホーランエンヤ感動記録写真集(本体価格1,300円)、島根・鳥取ふるさと万能地図(本体価格3,800円)、極秘諸国城図 図版集(本体価格3,000円)、出雲大社 平成の大遷宮(本体価格3,000円)、シジミ学入門(本体価格2,500円)、ようこそ!夢の食卓(本体価格2,000円)、神々集う出雲の國 神在月(本体価格1,800円)、小泉八雲 開かれた精神の航跡(本体価格1,800円)、レッツ!連歌 第五集(本体価格1,800円)、私説 古代出雲 「カミの支配」から「人の支配」へ(本体価格1,800円)、霊峰スケッチ 大山の草花(本体価格1,500円)、メチのいた島(本体価格1,500円)、松江城と富田城の時代(本体価格1,500円)、国宝 松江城(本体価格1,500円)、今に生きる不昧(本体価格1,300円)、石神さんを訪ねて 出雲の巨石信仰(本体価格1,300円)、こども出雲国風土記(本体価格1,238円)、七浦巡り万葉花旅日記【4】(本体価格1,200円)、出雲の國 縁たび(本体価格1,200円)、身近な病気 こうして予防(本体価格926円)


【イチオシの1冊】

さわこのじてん

さわこのじてん
仕  様 A5変型判、160ページ
本体価格 1,500円
内  容 脳性まひによる肢体不自由のほか知的・聴覚障害のある娘と言葉を交わしたいと願った母が、娘の成長に合わせて改良を重ねた世界に一冊の「じてん」。日常生活で使う単語から「好き」「つまらない」などの感情まで、伝わる喜びをのせた言葉が詰まっている。
 
【出品書籍一覧】

一度は泊まってみたい!北海道の温泉宿(本体価格1,800円)、北海道八十八ヶ所霊場巡拝ガイド(本体価格1,000円)、御朱印帳とめぐる 北海道の神社70(本体価格1,500円)、よく釣れる 北海道サケ釣り場ガイド(本体価格2,200円)、礼文・利尻 花と自然の二島物語(本体価格1,800円)、とっておき! 小樽さんぽ(本体価格1,300円)、ユネスコ認定 アポイ岳ジオパークガイドブック(本体価格1,300円)、北海道の草花(本体価格3,600円)、なんでそうなの 札幌のカラス(本体価格1,400円)、なるほどそうだね 札幌のカラス2(本体価格1,400円)、札幌の路面電車100年(本体価格1,800円)、海峡の鉄路 青函連絡船 -110年の軌跡と記憶-(本体価格2,000円)、光のもとで 函館・トラピスチヌ修道院(本体価格2,000円)、カムイの大地 北海道・新風景(本体価格3,500円)、こころ揺らす 自らのアイヌと出会い、生きていく(本体価格1,700円)、保阪正康 歴史を見つめて(本体価格1,600円)、イチから分かる北方領土(本体価格800円)、さわこのじてん(本体価格1,500円)、えぞりすのきもち(本体価格800円)、あざらしのきもち(本体価格800円)


【イチオシの1冊】

高橋弘希の徒然日記

高橋弘希の徒然日記
仕 様 A5変型判、108ページ
本体価格 1,400円
内  容 過激に、かつポップに-。青森県十和田市生まれの芥川賞作家によるエッセー集。日々の暮らしや創作活動、青森にまつわるエピソードなどを軽妙につづった、ファン必読の一冊。題字や味わい深いイラスト(一部除く)も著者自身による。
 
【出品書籍一覧】

高橋弘希の徒然日記(本体価格1,400円)、海をつなぐ道-八戸藩の海運の歴史(本体価格2,200円)、北奥羽 里山を歩く(本体価格1,800円)、八戸藩の歴史をたずねて(本体価格1,714円)、なぎさ たべもの塾(本体価格1,143円)、八戸魚物語(本体価格2,400円)、回想・寺山修司(本体価格1,500円)、三陸復興国立公園 種差海岸ガイドブック(本体価格1,143円)


【イチオシの1冊】

RESISTANCE ~カンボジア 屈せざる人々の願い

RESISTANCE ~カンボジア 屈せざる人々の願い
仕  様 A4判、160ページ
本体価格 2,500円
内  容 第38回土門拳賞受賞!! 土地の強制収用、最大野党の解党、言論への弾圧。急速な経済成長を続けるカンボジア社会の陰に生きる人々の姿を記録した、秋田市出身のフォトジャーナリストによる写真集です。強権政治に屈せず、花を持ち武装警察に非暴力で対峙する女性や子どもたちの姿は、見る者の心を揺さぶります。
 
【出品書籍一覧】

RESISTANCE カンボジア屈せざる人々の願い(本体価格2,500円)、八郎湖・八郎潟の魚(本体価格1,300円)、鳥海山の自然と生物(本体価格1,500円)、蒼氓(本体価格1,500円)、小説 露月と子規(本体価格800円)、一九四五年 チムグリサ沖縄(本体価格800円)、あきた風土民俗考(本体価格1,300円)、時の旅四百年 佐竹氏入部(本体価格1,428円)、高清水風土記(本体価格1,000円)、五能線 白神の四季(本体価格1,400円)、国有林森林鉄道全データ(東北編)(本体価格2,500円)、あきたの滝500(本体価格2,000円)、魂のゆくえ(本体価格1,500円)、あきたの昔っこ2(本体価格1,500円)、ちびっこなまはげ がおたくん 1巻(本体価格1,300円)、ちびっこなまはげ がおたくん 2巻(本体価格1,300円)、アイケ・コプチャタの唄(本体価格1,500円)、写真集 土恋のうた(本体価格2,200円)、写真集 学び舎(本体価格2,380円)、クマが襲ってきた(本体価格700円)


【イチオシの1冊】

菊池雄星 原点

菊池雄星 原点
仕  様 A4判、104ページ
本体価格 1,300円
内  容 マリナーズ入りした、岩手県盛岡市出身の菊池雄星投手。花巻東高時代からの夢、大リーグ挑戦を実現するまでの知られざる努力や苦悩を、長年見守った本紙記者が豊富な取材ノートを基に執筆。関係者の証言や成長の軌跡を通じて素顔に迫る。
 
【出品書籍一覧】

菊池雄星 原点(本体価格1,300円)、大谷翔平 挑戦(本体価格1,300円)、啄木賢治の肖像(本体価格900円)、啄木うたの風景(本体価格1,500円)、いわての歴史なぜ?どうして?(本体価格1,200円)、いわて歴史探訪(本体価格1,500円)、とおのあるき(本体価格1,200円)、北の文学76号(本体価格1,100円)、2018世代いわて高校野球ファイル(本体価格1,300円)、野の生き物語(本体価格1,800円)、文學の國いわて(本体価格3,700円)、てんでんこ未来へ(本体価格1,500円)、使命(本体価格1,200円)、あの日から(本体価格2,000円)、まんが宮沢賢治(本体価格650円)、まんが石川啄木(本体価格650円)、浜辺のクジラ(本体価格1,200円)、岩手日報で振り返る岩手の平成史(本体価格1,600円)、日本語つれづれ草(本体価格1,262円)、平成の三陸大津波(本体価格1,000円)


【イチオシの1冊】

南東北名山ガイド 栗駒山

南東北名山ガイド 栗駒山
仕  様 A5判、80ページ
本体価格 1,200円
内  容 宮城県・岩手県・秋田県の3県にまたがる栗駒山は、紅葉と多くの花が咲くことで有名な山です。本書は約1時間半で登頂できる中央コースをはじめ、沢歩きが必要な上級コース、山頂を目指さないトレッキングコースなど9コースを紹介するガイドブック。
 
【出品書籍一覧】

奥州三十三観音の旅 改訂版(本体価格1,700円)、仙台を探訪する55話(本体価格1,500円)、貞山堀に風そよぐ(本体価格1,500円)、写ネーチャー(本体価格1,400円)、南三陸の山城と石塔(本体価格800円)、生かされて生きる(本体価格1,000円)、南東北の名山ガイド 栗駒山(本体価格1,200円)、昭和を走った仙台市電(本体価格1,400円)、カタカナ語なるほどそうか(本体価格800円)、サンファンバウティスタ号大図鑑(本体価格1,300円)、政宗の夢 常長の現(本体価格1,000円)、ごっつおうさん(本体価格1,600円)、仙台藩ものがたり(本体価格1,800円)、癒やしの微笑み 東北のこけし(本体価格1,600円)、憲法とみやぎ人(本体価格1,500円)、日高見の時代(本体価格800円)、とうほく旅街道(本体価格2,000円)


【イチオシの1冊】

震災絵日記 ~東日本大震災・原発事故の被災者を描き続けた風刺画

震災絵日記 ~東日本大震災・原発事故の被災者を描き続けた風刺画
仕  様 A5判、256ページ
本体価格 1,400円
内  容 福島県南相馬市の画家朝倉悠三さんが東日本大震災と原発事故への怒りや被災者への思いを福島民報紙上に描き続けた「震災絵日記」を本にまとめた。約8年間の連載で積み重ねた全作品410点を収録。政治などへの批判も風刺画で表した。
 
【出品書籍一覧】

震災絵日記(本体価格1,400円)、福島がもっと好きになる。民報年鑑2019(本体価格1,389円)、福島はあなた自身(本体価格2,000円)


【イチオシの1冊】

維新再考 ~「官軍」の虚と「賊軍」の義

維新再考 ~「官軍」の虚と「賊軍」の義
仕  様 四六判、270ページ
本体価格 1,500円
内  容 維新再考は、戊辰戦争150年契機に、弊社が本誌で2017年5月から連載した企画を一冊の本にまとめました。近代史に詳しい識者の話をはじめ、福島県内外の戊辰戦争ゆかりの地を巡るルポなどを掲載しております。明治維新と戊辰戦争の歴史をひもときながら、従来の「薩長史観」を問い直す内容となっております。
 
【出品書籍一覧】

維新再考(本体価格1,500円)、美酒探訪(本体価格1,500円)、街道物語(本体価格1,112円)


【イチオシの1冊】

下野国が生んだ足利氏

下野国が生んだ足利氏
仕  様 四六判、208ページ
本体価格 1,500円
内  容 逆賊と言われた歴史のくびきから解き放たれ、今、再評価の時を迎える! 下野国が生んだ名門氏族、足利氏。そのゆかりの地と研究者を訪ね、歴史と現在を紹介。関連年表や系譜、写真を豊富に掲載。オールカラーでわかりやすく、気がつけばあなたも「足利氏」通!
 
【出品書籍一覧】

改訂新版 栃木百名山ガイドブック(本体価格1,900円)、日光の三神(本体価格1,500円)、ユーラシア横断自転車旅日記(本体価格1,500円)、とちぎの愛されにゃんこ(本体価格1,500円)、開店森の駄菓子屋さん(本体価格1,200円)、世界遺産 聖地日光(本体価格1,500円)、若き日の野口雨情(本体価格2,200円)、下野国が生んだ足利氏(本体価格1,500円)、中世の名門 宇都宮氏(本体価格1,500円)、改訂新版 日光パーフェクトガイド(本体価格1,500円)、終章を生きる(本体価格1,000円)、増補版 とちぎの古城を歩く(本体価格2,000円)、ルポ・発達障害(本体価格1,000円)、日光彩発見(本体価格1,200円)、とちぎの絶景(本体価格1,500円)、明るいほうへ(本体価格1,500円)、まんが田中正造(本体価格1,200円)、下野の明治維新(本体価格2,200円)、認知症を「知る」(本体価格1,000円)、さすらひ人綺譚(本体価格1,400円)


【イチオシの1冊】

古墳人、現る ~金井東裏遺跡の奇跡

古墳人、現る ~金井東裏遺跡の奇跡
仕  様 A5判、224ページ
本体価格 1,500円
内  容 平成24年、榛名山東麓の金井東裏遺跡で発見された「甲を着た古墳人」の報は、衝撃的なニュースとして全国を駆け巡った。あれから6年の歳月が流れ、その後の調査分析で見えてきた古墳人の姿、ムラの様子など、最新の成果を明らかにする。
 
【出品書籍一覧】

勇者たち 上(本体価格1,400円)、勇者たち 下(本体価格1,300円)、ぐんまの自然と災害(本体価格1,400円)、スポーツで街作りのショーケース(本体価格1,200円)、死の川を越えて 上(本体価格1,500円)、死の川を越えて 下(本体価格1,500円)、古墳人、現る(本体価格1,500円)


【イチオシの1冊】

おしゃれと暮らしのレシピ ~ホホホと粋に生き残る

おしゃれと暮らしのレシピ ~ホホホと粋に生き残る
仕  様 A5判、128ページ
本体価格 1,300円
内  容 死ぬのも大変だけど、生きてくのはもっと大変!夫を見送った後に移り住んだちょっと田舎の日々には、おしゃれで快適なヒントが満載。まだまだ長いこれからの人生を、いいあんばいで、いきいきと生き残るためのアドバイスを贈ります。
 
【出品書籍一覧】

おしゃれと暮らしのレシピ(本体価格1,300円)、校閲記者の日本語真剣勝負(本体価格1,200円)、思春期コロシアム(本体価格1,200円)、定年が楽しみになる!オヤジの地域デビュー(本体価格1,400円)、転ばぬ先の「老前整理」(本体価格1,300円)、東京トリビア(本体価格1,333円)、大東京のらりくらりバス遊覧(本体価格1,400円)、東京くねくね(本体価格1,300円)、呑み鉄、ひとり旅(本体価格1,500円)、ゆる山歩き(本体価格1,200円)、もっとゆる山歩き(本体価格1,200円)、鎌倉&三浦半島 山から海へ30コース(本体価格1,400円)、海沼実の唱歌・童謡 読み聞かせ(本体価格1,400円)、真実の「わだつみ」(本体価格900円)、或る傍観者の記録(本体価格1,000円)


【イチオシの1冊】

信州の縄文時代が実はすごかったという本

信州の縄文時代が実はすごかったという本
仕  様 A5判変型、136ページ
本体価格 2,000円
内  容 さあ、5000年前に信州八ヶ岳山麓で大繁栄した縄文の旅へ。信州の縄文時代は、「縄文のビーナス」「仮面の女神」の国宝土偶だけではありません。芸術品と呼べる土器、遠方から注目された信州産黒曜石など、魅力が満載。縄文人の暮らしぶりを、ビジュアルをふんだんに使って解説した画期的な本です。
 
【出品書籍一覧】

信州の縄文時代が実はすごかったという本(本体価格2,000円)、信濃中世武家伝(本体価格1,400円)、悠久を旅する信州の街道(本体価格2,200円)、中山道浪漫の旅 東編(本体価格2,000円)、中山道浪漫の旅 西編(本体価格2,000円)、塩の道 歩けば旅びと(本体価格1,700円)、古道を歩く 戸隠神社五社めぐり(本体価格1,400円)、風流としてのオフネ(本体価格2,500円)、刹の柱 信濃の仏塔探訪(本体価格1,600円)、御嶽山 霊なる山の素顔(本体価格1,400円)、あゝ祖国よ恋人よ(本体価格1,600円)、青春小諸義塾 サムライ教師と未来の学校(本体価格1,400円)、明治維新の残響(本体価格1,200円)、満洲分村移民を拒否した村長(本体価格1,200円)、満州分村の神話 大日向村は、こう描かれた(本体価格1,300円)、島崎藤村『破戒』のモデル 大江磯吉とその時代(本体価格1,300円)、遥かなる遠山郷(本体価格2,800円)、信州人虫を食べる(本体価格1,500円)、マンボウ思い出の昆虫記(本体価格1,700円)、黒部の太陽(本体価格800円)


【イチオシの1冊】

吉沢久子 家事レポート50年

吉沢久子 家事レポート50年
仕  様 四六判、228ページ
本体価格 1,400円
内  容 今年101歳の生涯を終えた人気生活評論家の著者が、新潟日報で1967年から半世紀続けた連載「家事レポート」。その膨大な原稿の中から厳選し、一冊にまとめた。女性の暮らしと家事を語り50年、時代の変遷も見えてくる。
 
【出品書籍一覧】

吉沢久子家事レポート50年(本体価格1,400円)、弥彦神社 各地分布の謎(本体価格2,600円)、越後史跡紀行(本体価格1,400円)、入門 田中角栄 新装版(本体価格1,600円)、維新の墓標(本体価格1,500円)、みなとまち新潟の社会史(本体価格1,600円)、新潟県 県民性の歴史(本体価格1,800円)、新潟県 県民性の人物史(本体価格1,800円)、黄金の島を歩く(本体価格1,200円)、川を上れ海を渡れ(本体価格1,500円)、祈り 北朝鮮拉致の真相 復刻版(本体価格1,800円)、新潟県鉄道全駅 増補改訂版(本体価格1,800円)、新潟の鉄道 あの日の思い出(本体価格1,600円)、鉄道と新潟 新装版(本体価格1,400円)、改訂第2版 新潟清酒ものしりブック(本体価格1,600円)、新潟県人物小伝 上杉謙信(本体価格1,000円)、新潟県人物小伝 河井継之助(本体価格1,000円)、新潟県人物小伝 小林虎三郎(本体価格1,000円)、新潟県人物小伝 山本五十六(本体価格1,000円)、良寛百人一首(本体価格15,000円)


【イチオシの1冊】

静岡県の歩ける城70選 ~初心者から楽しめる名将ゆかりの城跡めぐり

静岡県の歩ける城70選 ~初心者から楽しめる名将ゆかりの城跡めぐり
仕  様 A5判、196ページ
本体価格 1,944円
内  容 静岡県は特徴的な城が多く国指定史跡の城跡は11件と全国4位の数を誇る。名将ゆかりの70城を厳選し、城ごとに鑑賞ポイントを挙げながら歴史的背景と見どころを解説した。土塁や堀切、馬出など山城の魅力にも迫り、城歩き初心者から通まで楽しめる。
 
【出品書籍一覧】

戦国静岡の城と武将と合戦と(本体価格1,200円)、見る 読む 静岡藩ヒストリー(本体価格1,600円)、伊豆半島ジオトレッキングガイド(本体価格1,500円)、今は昔 しずおか懐かし鉄道(本体価格819円)、今川義元 知られざる実像(本体価格1,400円)、駿府の時代 -家康の大御所政治(本体価格1,400円)、徳川家臣団~子孫たちの証言~(本体価格1,600円)、しずおか自然史(本体価格2,381円)、自然とともに生きる作法(本体価格1,900円)、静岡学問所(本体価格933円)、皇室と静岡(本体価格1,048円)、静岡県鉄道軌道史(本体価格2,600円)、静岡県の歩ける城70選(本体価格1,800円)、芹沢銈介の静岡時代(本体価格2,000円)、緑十字機 決死の飛行(本体価格2,300円)、登呂でわたしは考えた。(本体価格1,600円)、駿府大御所 徳川家康(本体価格1,048円)、家康と茶屋四郎次郎(本体価格933円)


【イチオシの1冊】

共創アジア 時流の先へ

共創アジア 時流の先へ
仕  様 四六判、256ページ
本体価格 1,700円
内  容 戦後、アジア各地に拠点を広げた日本企業が、生活習慣や宗教、文化の違いの中でどのようにしてそれぞれの土地に溶け込み、いかに信頼を勝ち得ていったのか。アジア進出から国境を越えて企業同士が価値を認め合う協業、共存へと続く中部産業界の今を追います。
 
【出品書籍一覧】

共創アジア 時流の先へ(本体価格1,700円)、昭和の鉄ちゃん(本体価格1,200円)、ものがたりでわかる成年後見制度(本体価格1,000円)、川に生きる 世界の河川事情(本体価格1,300円)、東海鉄道散歩(本体価格1,400円)、ドライバーズシート 豊田章男の日々(本体価格1,200円)、頂へ 藤井聡太を生んだもの(本体価格1,200円)、お食事から身につける美しい日常(本体価格1,500円)、妻と夫の定年塾【6】(本体価格1,300円)、にゃんこ みっけ(本体価格1,500円)、なごや飲食夜話 千秋楽(本体価格1,300円)、なごや人情交差点(本体価格1,200円)、宇宙はすぐそこに2(本体価格1,111円)、戯曲 捕虜のいた町(本体価格1,500円)、ZOOっといっしょ2(本体価格1,111円)、日本真ん中 山車まつり(本体価格1,852円)、わかる!学校どうぶつ飼育ハンドブック(本体価格1,300円)、南極ないない(本体価格926円)、土俵一途に(本体価格1,300円)、テツ道のすゝめ(本体価格1,300円)


【イチオシの1冊】

国盗り道三

国盗り道三
仕  様 四六判、253ページ
本体価格 1,667円
内  容 2020年大河ドラマ「麒麟がくる」その前に! 義父として織田信長に、主君として明智光秀に、究極の下克上「天下取り」を授けた戦国武将斉藤道三。司馬遼太郎原作『国盗り物語』ゆかりの地を訪ね、古文書をひもといてつづった歴史エッセー集。
 
【出品書籍一覧】

信長と美濃(本体価格1,482円)、国盗り道三(本体価格1,667円)、みのひだ雑学(本体価格1,204円)、戦争のころの少年少女たち(本体価格1,111円)、身のまわりの自然ちょっぴりくわしく見てみよう(本体価格1,000円)、ちほ先生が見た岐阜人の不思議(本体価格1,000円)


【イチオシの1冊】

御苑に近き学び舎に ~京都・番組小学校の誕生

御苑に近き学び舎に ~京都・番組小学校の誕生
仕  様 四六判、332ページ
本体価格 1,389円
内  容 明治維新まもない京都で、わずか1年のうちに64校もの番組小学校が創設されました。資金の多くは町衆からの寄付でした。創設の背景にはどんなドラマがあったのか―。この興味深い歴史の「謎」に、京都出身の作家・荒木源さんが迫ります。
 
【出品書籍一覧】

御苑に近き学び舎に(本体価格1,389円)、福ねこ お豆のなるほど京暮らし(本体価格1,800円)、汽笛一声(本体価格1,600円)、遊びをせんとや(本体価格1,500円)、アス飯レシピアスリートの体をつくる おうちごはん(本体価格1,600円)、琳派四百年記念祭公式記録 花ひらく琳派(本体価格2,500円)、きょうのじぶんどき(本体価格1,800円)、学びやタイムスリップ(本体価格1,600円)、幕末・維新 彩色の京都(本体価格1,200円)、元離宮 二条城(本体価格762円)、心で読みたい弘法大師のことば(本体価格1,333円)、ようわかるぜよ坂本龍馬(本体価格952円)、京都市電物語(本体価格1,600円)、美を超えて 国宝 京・近江(本体価格3,333円)、京都御所 大宮・仙洞御所(本体価格3,333円)、桂離宮 修学院離宮(本体価格3,333円)


【イチオシの1冊】

奈良・宇陀「森野旧薬園」

奈良・宇陀「森野旧薬園」
仕  様 A5判、115ページ
本体価格 1,700円
内  容 享保14(1729)年に開園した森野旧薬園(国指定史跡)は、日本最古の私設薬園で、今も約250種の薬草が大切に育てられています。そのかれんな“薬草花”の姿を捉えました。貴重な写生図「松山本草」や「石薬類標本」、園周辺の観光スポットも収めました。
 
【出品書籍一覧】

奈良・宇陀「森野旧薬園」(本体価格1,700円)、おとなのアスカ巡り(本体価格1,200円)、飛鳥・藤原 写真でつづる宮都の今昔(本体価格1,700円)、大和路 古事記を巡る(本体価格1,000円)


【イチオシの1冊】

四季の山野草 ~身近な草花453種

四季の山野草 ~身近な草花453種
仕  様 A5判、272ページ(オールカラー) 本体価格 2,300円
内  容 身近な草花453種の花期や自生地、学名などを詳しく紹介。山野草観察、栽培を楽しむために必携の一冊。
 
【出品書籍一覧】

ひょうごの城めぐり(本体価格1,800円)、絵図と歩く ひょうごの西国街道(本体価格2,000円)、幕末維新の兵庫・神戸(本体価格1,750円)、青い目の人形 メリーの旅(本体価格1,600円)、日本と世界 おもしろ玩具図鑑(本体価格1,800円)、神戸の歴史ノート(本体価格1,300円)、ひょうごの庭園 絵図で読み解く(本体価格2,000円)、絵葉書で見る神戸 ハイカラ・モダンの時代(本体価格2,000円)、ぐるっと探検☆産業遺産(本体価格1,600円)、姫路城を歩く(本体価格1,250円)、家康と播磨の藩主(本体価格1,800円)、遙かな海路 鈴木商店が残したもの(本体価格1,800円)、明治商店 開港神戸のにぎわい(本体価格1,600円)、神戸ものがたり(本体価格1,800円)、神戸・阪神 名所の旅(本体価格1,800円)、四季の山野草 身近な草花453種(本体価格2,300円)、蒸気機関車 青春の記憶(本体価格2,600円)、火輪の海 復刻版[新装](本体価格2,300円)、関西の電車 僕らの青春 国鉄編(本体価格2,500円)、ひょうご雑学100選(本体価格1,750円)


【イチオシの1冊】

カープ新時代2019 令和の挑戦者たち

カープ新時代2019 令和の挑戦者たち
仕  様 A4判、80ページ
本体価格 1,296円
内  容 セ・リーグ4連覇、35年ぶりの日本一を目指す広島東洋カープの写真集。2019年シーズンを戦う選手の好プレーや歓喜の瞬間などを収録。鈴木誠也、大瀬良大地、床田寛樹、菊池涼介、長野久義…。22選手の名場面をグラビアにまとめました。
 
【出品書籍一覧】

カープ新時代2019 令和の挑戦者たち(本体価格1,296円)、神々のくにそのくにびと(本体価格1,143円)、ちゅうごく山歩き Vol.4(本体価格476円)、ちゅうごく山歩き Vol.5(本体価格476円)、ちゅうごく山歩き Vol.6(本体価格476円)、引退記念 新井貴浩 全力疾走?あの日、あの時(本体価格1,111円)、Veryカープ!名選手列伝100人の物語 Vol.1(本体価格1,389円)、Veryカープ!名選手列伝100人の物語 Vol.2(本体価格1,389円)、Veryカープ!名選手列伝100人の物語 Vol.3(本体価格1,389円)、Veryカープ!名選手列伝100人の物語 Vol.4(本体価格1,389円)


【イチオシの1冊】

かなしきデブ猫ちゃん

かなしきデブ猫ちゃん
仕  様 A4判、80ページ
本体価格 1,800円
内  容 小説家・早見和真氏(2016年から松山市在住、代表作『イノセント・デイズ』)と、絵本作家・かのうかりん氏(今治市出身)が愛媛発のまちおこしに挑戦! 道後に暮らす飼い猫“マル”が家を飛び出し、愛媛を旅する冒険譚です。
 
【出品書籍一覧】

かなしきデブ猫ちゃん(本体価格1,800円)、日めくり 子規・漱石(本体価格1,000円)、新版 伊予弁ぞな(本体価格900円)、偶然の点の続き(本体価格900円)、TOBE ZOO PHOTO BOOK 檻のない世界(本体価格1,400円)、トランパー(本体価格1,500円)、まちづくりアーカイブズ(本体価格1,200円)、河川閑話(本体価格1,200円)、池さんものがたり(本体価格3,000円)、松山句碑めぐり 改定増補版(本体価格1,200円)


【イチオシの1冊】

にんじゃもへえ

にんじゃもへえ
仕  様 B5判、32ページ
本体価格 1,200円
内  容 高知で生まれた民話の絵本。村はずれの洞くつに住む天狗のもとで、忍術の修行をしたもへえといちのじょうが、苦しんでいる村の人たちのために、意地の悪い庄屋を懲らしめるお話。現代版ねずみ小僧現る。
 
【出品書籍一覧】

にんじゃもへえ(本体価格1,200円)、地球 美の幻風景(本体価格2,400円)、高橋宣之写真集 BLUE[S](本体価格2,500円)、歴史地震の話(本体価格1,700円)


【イチオシの1冊】

続・ペコロスの母に会いに行く

続・ペコロスの母に会いに行く
仕  様 A5判、192ページ
本体価格 1,200円
内  容 25万部を売り上げ、映画化もされたコミックエッセイの続編。認知症を患った母親のみつえさんと、父親のさとるさんの気配を感じながら、詩情豊かに描いた、老いとぼけと家族の物語です。皆さんの肩の荷が少しでも軽くなりますように。
 
【出品書籍一覧】

続・ペコロスの母に会いに行く(本体価格1,200円)、筑紫万葉 恋ひごころ(本体価格1,400円)、野仏のたわごと(本体価格2,300円)、博多に強くなろう 北九州に強くなろう 上巻(本体価格2,300円)、博多に強くなろう 北九州に強くなろう 下巻(本体価格2,300円)、戦争とおはぎとグリンピース(本体価格1,400円)、福岡かるた風土記(本体価格1,000円)、太宰府幕末記 五卿と志士のものがたり(本体価格1,600円)、泣きみそ校長と弁当の日(本体価格1,400円)、そいばってん佐賀(本体価格1,500円)、ラーメン記者、九州をすする!(本体価格1,400円)、本屋がなくなったら、困るじゃないか(本体価格1,800円)、ながのばあちゃんの食術指南(本体価格1,300円)、シーナの夢(本体価格1,400円)、産業医が診る働き方改革(本体価格800円)、登山力アップの強化書(本体価格1,500円)、明治・大正・昭和 九州の鉄道おもしろ史(本体価格1,700円)、たたかい続けるということ(本体価格1,900円)、ペコロスの母に会いに行く(本体価格1,200円)、みつえばあちゃんとボク(本体価格1,200円)


【イチオシの1冊】

対馬の鳥と自然

対馬の鳥と自然
仕  様 A5判、192ページ
本体価格 1,600円
内  容 野鳥愛好家の聖地、長崎県対馬に生きる鳥たちの最新図鑑とフィールドガイド。野生動物写真家の川口誠さんがこれまで撮りためた作品を惜しみなく公開。鳥たちのありのままの姿を写し撮った写真の数々が魅力あふれる野鳥の世界へといざなう。
 
【出品書籍一覧】

対馬の鳥と自然(本体価格1,600円)、『焼き場に立つ少年』は何処へ(本体価格1,100円)、カクレキリシタン(本体価格1,143円)、評伝 岩崎弥太郎(本体価格1,200円)、高校生平和大使にノーベル賞を(本体価格1,500円)、のざわのりこの長崎日記(本体価格1,000円)、長崎県近代化遺産めぐり 夢の遺産(本体価格1,800円)、歌で巡る長崎(本体価格1,600円)、居場所を探して(本体価格1,600円)、闇を照らす(本体価格1,600円)、ある精神医学者の一生(本体価格2,300円)、長崎出島四大事件(本体価格1,300円)、軍艦島の遺産(本体価格952円)、壱岐焼酎(本体価格1,143円)


【イチオシの1冊】

走れ二十五万キロ ~マラソンの父 金栗四三伝 復刻版

走れ二十五万キロ ~マラソンの父 金栗四三伝 復刻版
仕  様 A5判、352ページ
本体価格 1,500円
内  容 2019年大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」の主人公の一人で日本スポーツ界のレジェンド、金栗四三。同書は力強く、そして颯爽と駆け抜けた“マラソンの父”の生涯を、著者・長谷川孝道氏(熊本日日新聞社OB)が半世紀以上前に直接取材を行って書き上げた唯一の伝記です。
 
【出品書籍一覧】

走れ二十五万キロ マラソンの父 金栗四三伝 復刻版(第2版)(本体価格1,500円)、フォトグラフ熊本城(本体価格1,400円)、天草写真集 JOURNEY through AMAKUSA(本体価格2,000円)、写真集 猫島ありのまま(本体価格1,500円)、KANAKURI 日本初の五輪選手 金栗四三物語(本体価格1,500円)、熊本の目鑑橋(めがねばし)345(本体価格3,000円)、甲斐青萍熊本町並画集(本体価格2,500円)、復興 熊本城 Vol.1(本体価格1,000円)、復興 熊本城 Vol.2(本体価格1,000円)、ななな、ななななな? 熊本弁コージ苑(本体価格1,300円)、山頭火意外伝 【書評付き】(本体価格2,000円)、熊本城の被災修復と細川忠利(本体価格1,000円)、天草キリシタン遍路~世界文化遺産への道(本体価格1,800円)、農村の第四革命 ~阿蘇南麓からの提案(本体価格1,000円)、"近代化遺産 国有林森林鉄道全データ  九州・沖縄編"(本体価格2,000円)


【イチオシの1冊】

特攻 この地より ~かごしま出撃の記録

特攻 この地より ~かごしま出撃の記録
仕  様 四六判、452ページ
本体価格 1,600円
内  容 太平洋戦争末期、米軍の沖縄上陸を阻止するため、 鹿児島県内の数多くの基地から20歳前後の青年たちが「特攻」として 飛び立ち、2000人以上の命が南の海に散った。 若き特攻隊員たちが命を賭して守ろうとした国・故郷とは何だったのか。特攻の実像に迫る。"
 
【出品書籍一覧】

奄美の食と文化(本体価格1,800円)、維新を歩く(本体価格800円)、うなぎ物語(本体価格800円)、かごしまの味(本体価格1,200円)、語り継ぐ かごしまの教え集(本体価格952円)、神になった隼人(本体価格1,500円)、さつま人国誌 幕末・明治編(本体価格1,300円)、さつま人国誌 幕末・明治編2(本体価格1,300円)、さつま人国誌 幕末・明治編3(本体価格1,300円)、さつま人国誌 幕末・明治編4(本体価格1,300円)、特攻 この地より(本体価格1,600円)、火を噴く山 西郷隆盛 上巻(本体価格900円)、火を噴く山 西郷隆盛 下巻(本体価格900円)、我に義あり(本体価格1,500円)


【イチオシの1冊】

魂の新聞 ~「沖縄戦新聞」沖縄戦の記憶と継承ジャーナリズム

魂の新聞 ~「沖縄戦新聞」沖縄戦の記憶と継承ジャーナリズム
仕  様 A5判、400ページ
本体価格 2,315円
内  容 戦後の県紙の沖縄戦関連企画記事を全て読み解いて、沖縄戦報道を沖縄の戦後思想に位置付け、本紙の『沖縄戦新聞』を核に、沖縄戦の記憶と記録を継承する新聞ジャーナリズムを検証した労作です。琉球新報社創刊125周年記念出版
 
【出品書籍一覧】

魂の新聞(本体価格2,315円)、沖縄から伝えたいこと(本体価格1,500円)、ココロ・カラダ不思議つながり(本体価格1,250円)、アジアのダイナミズムと沖縄の発展(本体価格1,500円)、豆腐×magic(本体価格1,400円)、ウィルソン 沖縄の旅1917(本体価格2,324円)、いりにこち(本体価格1,806円)、沖縄戦新聞(本体価格800円)、沖縄戦後新聞(本体価格750円)、焦土に咲いた花(本体価格1,000円)


【イチオシの1冊】

平成プロ野球史 ~名勝負、事件、分岐点―記憶と記録でつづる30年―

平成プロ野球史 ~名勝負、事件、分岐点―記憶と記録でつづる30年―
仕  様 四六判、192ページ
本体価格 1,400円
内  容 野茂の衝撃デビューやイチローのシーズン200安打、「メークドラマ」など、1989年の平成元年から各年の出来事や名場面、名勝負を振り返る。両リーグの勝敗表やタイトル獲得者、平成の最多記録など資料編も充実。中日・山井の「幻の完全試合」の真相が今、明らかに―。
 
【出品書籍一覧】

平成プロ野球史(本体価格1,400円)、発掘された日本列島2019(本体価格1,800円)、発掘された日本列島2018(本体価格1,800円)、発掘された日本列島2017(本体価格1,800円)、発掘された日本列島2016(本体価格1,800円)、大相撲力士名鑑平成31年版(本体価格2,900円)、アジアの平和と核(本体価格2,500円)、愛知ブランド企業の底ヂカラVol.2(本体価格1,000円)、「ポツダム宣言」を読んだことがありますか?(本体価格900円)、地方再生のレシピ(本体価格1,400円)、ビルボード年間チャート 60年の記録(本体価格3,000円)、岩下志麻という人生(本体価格1,600円)、新藤兼人 私の十本(本体価格1,600円)、プーさんの鼻のララバイ(本体価格1,800円)、東京スカイツリー万華鏡(本体価格952円)


2019年8月2日 無断転載禁止