ラグビー7人制、本番想定し演習 五輪代表、雰囲気再現し6試合

 練習試合で汗を流すラグビー7人制男子の藤田(左)ら=味の素スタジアム

 2020年東京五輪のラグビー7人制男女日本代表1次候補選手が30日、五輪会場となる東京都調布市の味の素スタジアムで実施してきた、本番を想定した3日間のシミュレーションを終えた。

 28日から午前、午後に分けて計6試合を行い、渋滞で会場到着が遅れたケースや、雷雨で試合開始が延期となったケースなどを事前に選手には伝えずに試した。練習試合では展開に合わせて歓声や音楽をスピーカーで流し、本番の雰囲気を再現した。

 暑さ対策も施し、試合前には体を冷やすために氷を入れたベストを着用した。

共同通信社 2019年7月30日 無断転載禁止