WBA王座復帰の村田が練習再開 自分のボクシング磨く

 練習を再開し、汗を流すWBAミドル級王者の村田諒太=東京都内のジム

 7月12日に世界ボクシング協会(WBA)ミドル級王者に返り咲いた村田諒太(帝拳)が1日、東京都内のジムで本格的な練習を再開し「(試合の)反響が大きくて勝ててよかったと思う。やっと自分自身のボクシングの形ができてきたので磨き上げていきたい」と意気込みを新たにした。

 昨年10月に王座を奪われたロブ・ブラント(米国)に対して、激しい攻防の中で連打を見舞って2回TKOで雪辱。「初めて自分も納得し、お客さんにも喜んでもらえる試合だった」と手応えを語った。

 次戦は未定で、村田は年内の防衛戦を希望。サウル・アルバレス(メキシコ)ら同級のスター選手との対戦を熱望した。

共同通信社 2019年8月1日 無断転載禁止