高校総体サッカー男子は桐光初V 女子も十文字が初優勝

 富山第一を破って初優勝を決め喜ぶ桐光学園イレブン=金武町フットボールセンター 初優勝を決め、トロフィーを掲げて喜ぶ十文字イレブン=金武町フットボールセンター

 全国高校総合体育大会(インターハイ)第6日は1日、沖縄県金武町フットボールセンターなどで10競技が行われ、サッカー決勝で男子は昨年準優勝の桐光学園(神奈川)が富山第一を1―0で破り、初制覇した。女子も十文字(東京)が日ノ本学園(兵庫)に1―0で勝って初優勝。

 レスリング男子決勝は80キロ級の高橋夢大(京都・網野)と71キロ級の佐藤匡記(東京・帝京)が2連覇を果たした。92キロ級はモンゴル出身のトワードルジ・ブフチュルーン(千葉・日体大柏)が制した。

 バスケットボール男子は福岡第一と北陸(福井)が、女子は昨年と同じく桜花学園(愛知)と岐阜女が決勝に進んだ。

共同通信社 2019年8月1日 無断転載禁止