バスケ八村、ダンクで士気高める 男子W杯、日本代表候補の合宿

 強化合宿でダンクシュートを放つ八村=名古屋市

 8月31日に中国で開幕するバスケットボール男子ワールドカップ(W杯)の日本代表候補の強化合宿が2日、名古屋市で公開され、米プロNBAのドラフト1巡目指名を受けた八村(ウィザーズ)と昨季NBAデビューした渡辺雄(グリズリーズ)、身長210センチのファジーカス(川崎)の「ビッグスリー」らが実戦形式の練習を行った。

 八村はスチールからのダンクシュートなど豪快なプレーでチームの士気を高めた。日本は6日まで名古屋市で合宿して東京へ移動。世界ランキング5位のアルゼンチンなどとの強化試合に臨む。ラマス監督は「課題があったら修正し、集中して完成度を高めていく」と話した。

共同通信社 2019年8月2日 無断転載禁止