競泳W杯、男子百平で小関2位 東京大会が開幕

 男子100メートル平泳ぎ決勝 59秒01で2位の小関也朱篤=東京辰巳国際水泳場

 競泳のワールドカップ(W杯)東京大会は2日、東京辰巳国際水泳場で開幕し、男子100メートル平泳ぎは7月の世界選手権で4位だった小関也朱篤(ミキハウス)が59秒01で2位だった。男子50メートル自由形では、同選手権8位の塩浦慎理(イトマン東進)が21秒92で2位。

 女子200メートル平泳ぎは青木玲緒樹(ミズノ)が2分24秒33で2位となった。男子100メートルバタフライは水沼尚輝(新潟医療福祉大職)が52秒00で4位、女子50メートル自由形は大本里佳(イトマンSS)が25秒24の6位に終わった。

 大会は4日まで行われる。

共同通信社 2019年8月2日 無断転載禁止