ゴルフ、松山と小平は予選落ち 米男子のウィンダム選手権第2日

 第2ラウンド、9番でバーディーパットを外した松山英樹。通算3アンダーで予選落ち=セッジフィールドCC(共同) 第2ラウンド、15番でバンカーショットを放つ小平智。通算3アンダーで予選落ち=セッジフィールドCC(共同)

 【グリーンズボロ(米ノースカロライナ州)共同】米男子ゴルフのレギュラーシーズン最終戦、ウィンダム選手権は2日、ノースカロライナ州グリーンズボロのセッジフィールドCC(パー70)で第2ラウンドが行われ、松山英樹は70と伸ばせず、通算3アンダー、137で予選落ちした。71と落とした小平智も通算3アンダーで予選落ち。

 65で回った安秉勲(韓国)が通算13アンダーで単独トップに立ち、1打差の2位でブライス・ガーネット(米国)が続いた。

共同通信社 2019年8月3日 無断転載禁止