メッシ、3カ月出場停止 南米サッカー連盟が処分

 南米選手権3位決定戦で退場処分を受け、審判に抗議するアルゼンチンのメッシ=7月6日、サンパウロ(AP=共同)

 南米サッカー連盟が、ブラジルで開催された南米選手権の3位決定戦で退場処分を受け、試合後に同連盟を「腐敗している」と批判したアルゼンチンのメッシに3カ月の国際試合出場停止処分と5万ドル(約530万円)の罰金を科したと2日、スポーツ専門局ESPN(電子版)が報じた。7日間の異議申し立て期間がある。

 今回の処分で今秋に行われるチリやメキシコなどとの親善試合に出られなくなった。退場処分により既に1試合の出場停止処分を受けており、来年の2022年ワールドカップ(W杯)予選の初戦に出場できない。(共同)

共同通信社 2019年8月3日 無断転載禁止