中村、デビュー戦でゴール 板倉もオランダ初出場

 PSVアイントホーフェン戦の前半、ゴールを決めるトウェンテの中村=エンスヘーデ(ゲッティ=共同) エメン戦の前半、攻め込むフローニンゲンの堂安(右)=エメン(共同)

 【エメン(オランダ)共同】サッカーのオランダ1部リーグは3日、各地で開幕節が行われ、J1のG大阪から新加入したトウェンテの中村敬斗がホームのPSVアイントホーフェン戦でデビューし、前半8分に先制点を挙げた。先発した19歳の中村は後半26分までプレーし、チームは1―1で引き分けた。

 堂安律と板倉滉のフローニンゲンは敵地でエメンを1―0で下した。堂安はフル出場。昨季途中に加入した板倉もフル出場してオランダでの初出場を果たし、後半42分の決勝点の起点となった。

共同通信社 2019年8月4日 無断転載禁止