大リーグ、ダル1失点で4勝目 大谷は無安打、平野も4勝

 ブルワーズ戦に先発し、5回1失点で4勝目を挙げたカブスのダルビッシュ=シカゴ(共同) インディアンス戦の1回、空振りの三振に倒れるエンゼルス・大谷=クリーブランド(共同)

 【シカゴ共同】米大リーグは4日、各地で行われ、カブスのダルビッシュがシカゴでのブルワーズ戦に先発して5回を5安打1失点で8三振を奪い、4勝目(5敗)を挙げた。試合は7―2で、チームは3連勝とした。

 エンゼルスの大谷はインディアンス戦に「3番・指名打者」でフル出場し、4打数無安打、2三振だった。チームは2―6で負け、4連敗。

 ダイヤモンドバックスの平野はナショナルズ戦で5―4の七回に4番手で今季50試合目の登板を果たし、1回を2安打1失点、2三振1四球。チームが直後に勝ち越し、4勝目(5敗)を挙げた。試合は7―5だった。

共同通信社 2019年8月5日 無断転載禁止