全国高校野球選手権大会 石見智翠館 驚異の粘り

【高岡商―石見智翠館】9回裏石見智翠館1死満塁、関山愛瑠斗が左前に2点打を放つ。投手荒井、捕手石黒優=甲子園
 第101回全国高校野球選手権大会は6日、甲子園球場で開幕した。開会式に続き、1回戦3試合が行われ、石見智翠館は延長十回、4-6で高岡商(富山)に惜敗した。九回に2点差を追い付き、なお1死満塁とサヨナラ勝ちの好機を迎えたがあと一本が出なかった。

 このほか、八戸学院光星(青森)神村学園(鹿児島)も2回戦に進んだ。八戸学院光星は初回に下山が先制の満塁本塁打を放つなど11安打の攻撃で、初出場の誉(愛知)に9―0で大勝した。神村学園は田中瞬が2失点完投し、佐賀北に7―2で快勝した。

 序盤の失点重く 惜敗

 【評】石見智翠館は序盤の失点が重くのしかかり、終盤に追い付いたが振り切られた。

 石見智翠館は初回、先頭にバント安打を許すと、主戦左腕・迫広が3四球を与え、押し出しで先制を許した。二回は警戒する1番の左打者に外角直球を左翼ポールまで運ばれ、2点を追加された。

 六回、関山和の右前打で1点を返して反撃を開始。直後の七回に再び差を広げられて迎えた八回、河本の左越え二塁打と田中の中前打で2点差とした。九回は1死後、代打伊藤の死球、代打片岡と途中出場の東田の連打で満塁とし、関山愛が左前に2点適時打を放って追い付いた。

 延長十回は、九回から救援した名田が2死二、三塁で1番打者に右翼フェンス直撃の三塁打を浴び、逃げ切られた。

 【6日の成績】

八戸学院光星9―0  誉

神 村 学 園7―2佐 賀 北

高 岡 商6―4石見智翠館

2019年8月7日 無断転載禁止