柔道の阿部一「豪快に優勝する」 世界選手権の壮行式で決意

 柔道世界選手権の壮行会で、抱負を語る男子66キロ級の阿部一二三=7日午後、東京都文京区の講道館 柔道の世界選手権壮行会で、抱負を語る女子52キロ級の阿部詩。左は女子の増地克之監督=7日午後、東京都文京区の講道館

 全日本柔道連盟(全柔連)は7日、東京都文京区の講道館で世界選手権(25日~9月1日・日本武道館)壮行式を開き、男子66キロ級で3連覇に挑む阿部一二三(日体大)は「一本を取りにいく自分の柔道をして、豪快に圧倒的に優勝したい」と力強く決意表明した。

 女子52キロ級で2連覇を狙う19歳の阿部詩(日体大)は「目の前の試合を一戦一戦全力で闘い、優勝を目指す」と兄の阿部一と2年続けての「きょうだい制覇」を宣言。男子73キロ級で2015年以来の出場となるリオデジャネイロ五輪覇者の大野将平(旭化成)は「3度目の世界チャンピオンを目指す」と意気込んだ。

共同通信社 2019年8月7日 無断転載禁止