王者井上、ドネア戦は11月7日 さいたまで階級最強決定へ

 左から井上尚弥、ノニト・ドネア

 【トロント共同】ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)の主催者は7日、同シリーズのバンタム級決勝を11月7日にさいたまスーパーアリーナで行うと発表した。世界ボクシング協会(WBA)と国際ボクシング連盟(IBF)の2団体王者、井上尚弥(大橋)と、元世界5階級制覇のノニト・ドネア(フィリピン)が対戦する。

 WBSSは選ばれた8人で争う賞金トーナメント。異なる団体の世界王者が参戦して「階級最強」を決める大会と称される。優勝者には世界ヘビー級元王者の名を冠した「ムハマド・アリ」トロフィーが授与される。

共同通信社 2019年8月8日 無断転載禁止