イワミ村田 大田・波根に新工場建設 グループ1割増産

覚書締結式で丸山達也知事らと握手する益田喬社長(中央)=松江市殿町、島根県庁
 電子部品製造などのイワミ村田製作所(島根県大田市大田町)が、電子機器に組み込む電子部品の需要拡大を見込み、東に約5キロ離れた大田市波根町の波根地区工業団地に新工場を整備する。8月中に着工し、2020年6月の操業開始を予定。本社工場の設備増強と合わせて投資額は49億9千万円で、操業から3年間で60人の新規雇用を計画する。7日、島根県から立地計画の認定を受けた。

 同社は7月、大田市から同工業団地内の用地約4万8千平方メートルを2億8千万円で取得しており、鉄骨4階建て(延べ約9100平方メートル)の新工場を建設する。本社工場の設備も増強し、グループ全体で掲げる年1割の増産目標を下支えする。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2019年8月8日 無断転載禁止

    • マイベストプロ
    • マイベストプロ島根 マイベストプロ鳥取マイベストプロ