Jリーグ鳥の会が環境保護活動 国際団体と協働

 Jリーグのクラブの鳥をモチーフにしたマスコットキャラクターと写真に納まる高円宮妃久子さま=8日午後、東京都文京区のJFAハウス

 Jリーグは8日、鳥をモチーフにしたマスコットキャラクターを持つクラブによる「鳥の会」と、環境団体「バードライフ・インターナショナル東京」が協働活動すると発表した。団体の知見を基にクラブの環境保護の取り組みを充実させ、来場者の啓発にも努める。

 東京都内での調印式には、英国に本部がある「バードライフ・インターナショナル」名誉総裁の高円宮妃久子さまも出席され「皆さんの発信力で、それぞれの地元で環境を守ろうというメッセージを広げてください」と激励した。

共同通信社 2019年8月8日 無断転載禁止