スサマジ 境港三中・清水 BリーグU15オールスター

全国のU15チームの猛者との試合に出場する清水真生さん=八束体育館
 バスケットボール男子Bリーグ、島根スサノオマジックのU15(15歳以下)チームに所属する清水真生(まお)(15)=境港三中3年=が14、15日に東京都で初開催される「BリーグU15オールスター」に出場する。パワーフォワードを務め、プロを目指す成長株は、力試しと飛躍につながる機会にしたいと燃えている。

 U15はBリーグが育成のための下部組織として位置付ける。中学生年代の強化や選手間交流をさらに進めるため、35チームから1、2人が出場するオールスターを企画した。

 清水は小学4年で競技を始め、5年から島根スサノオマジックのバスケットボールスクールに通った。中学1年時からU15でプレー。週2回程度集まって約20人のメンバーと共に練習している。

 身長177センチのパワーフォワードで、リバウンドやミドルシュートが得意。境港三中バスケ部でも7月の鳥取県中学総体で優勝し、今月8、9日に広島市であった中国大会では3位と活躍した。

 将来はプロを目指し、島根のシューティングガード相馬卓弥のような「点を取れる選手」が目標だ。チームの推薦で出場するオールスターを心待ちにしており「自分より背が高い選手やうまい選手と戦い、良い刺激を受けたい」と意気込む。

 オールスターは14、15日、東京都立川市のアリーナ立川立飛であり、U15の選手が4チームに分かれて戦う。

2019年8月13日 無断転載禁止