五輪ホッケー競技場、披露式典 人工芝グラウンド2面整備

 大井ホッケー競技場の完成披露式典で記念撮影する関係者=17日午前、東京都品川区 東京都が新設した大井ホッケー競技場=17日、東京都品川区

 2020年東京五輪の競技会場として東京都が新設した大井ホッケー競技場(品川区、大田区)の完成披露式典が17日、開かれた。整備費は約48億円。7月に完成し、既に一部で供用が始まっている。

 式典で小池百合子知事は「さまざまなスポーツが楽しめる場所としてフル活用し、末永く愛される施設にしたい」とあいさつ。始球式ではホッケー男子日本代表チームにパスを出した。代表チームはその後、シュート練習などのデモンストレーションを披露した。

 都によると、大井ふ頭中央海浜公園内にメインのグラウンドを新たに整備、既存の球技場をサブグラウンドとして改修。いずれも人工芝を使っている。

共同通信社 2019年8月17日 無断転載禁止