松江の大昌が日商会頭賞受賞 空の輸送、便利で安全に

日本商工会議所会頭賞を受賞した「SBCON」=松江市玉湯町布志名、大昌
 包装資材製造販売の大昌(松江市玉湯町布志名、下手将人社長)が製造した、航空輸送用の自転車収納ボックス「SBCON(エスビーコン)」が、国内で開発されたパッケージデザインなどを競う今年の日本パッケージングコンテスト(日本包装技術協会主催)で日本商工会議所会頭賞を受賞した。

 41回目の今回は全国から389件の応募があり、大学や行政機関などの代表者17人が審査した。日本商工会議所会頭賞は経済産業大臣賞、経済産業省産業技術環境局長賞、同省製造産業局長賞に次ぐ位置付け。

 SBCONはプラスチック段ボール製で長さ165センチ、高さ94センチ、幅52センチ。強度に優れ容積も大きいため、前輪を外すだけで自転車を収納でき、安全な輸送が可能。松江市津田町に島根オフィスを構えるS|WORKS(エスワークス、東京都)、せとうち観光推進機構(広島市)、日本航空(東京都)が昨年、共同開発し、委託を受けた大昌が製品化した。現在は日航グループのツアーで貸し出しており、サイクリストから好評という。

 設計開発に携わった大昌の内藤直さん(39)は「大手企業が受賞する中で選ばれたのはうれしい。これをきっかけに会社の知名度が上がればいい」と話した。

2019年9月11日 無断転載禁止

    • マイベストプロ
    • マイベストプロ島根 マイベストプロ鳥取マイベストプロ