女子ログ 新米の季節

 8月ごろに台所のお米が尽きると、わざといつもより少なめの袋で買うようにしている。新米が出たら、すぐにそちらに切り替えるためだ。ありがたいことに最近は2キロ入りの袋が結構ある。お試しついでにさまざまな産地の米を買ってみて、味見をしておく。新米が出たら、一番気に入った分を大きな袋で手に入れるのだ。

 さて、実りの秋がやってきて、新米がたくさん味わえるようになった。最近、娘とハマっているのがおむすび作りだ。きっかけは市内に開店したおむすびの専門店。試しにいろいろ買って味見をしたのだが、結構いける。お米は地元産のいいものを使っているし、具も豊富だ。梅やおかか、野沢菜といった定番から、焼いた豚肉やハンバーグ、カレーなどちょっと変わったメニューもあって、選ぶ楽しさがある。

 じゃあ、うちでもやってみようかと思い、娘と2人で試している。ラップにご飯と具を入れ、適度な力加減で握る。いろいろなふりかけをご飯に交ぜるのも娘のお気に入りだ。

 やってみて気付いたのだが、普段より若干水加減を抑えたご飯だと、結構うまくいくし、味もいい。あまりにも出来がよくて、翌日のお弁当に残しておくのを忘れて、家族で食べ尽くしてしまったこともあった。

(松江市・みるみる)

2019年10月7日 無断転載禁止