女子ログ 秋祭りに行く

 島根県内の神社で、県外からとおぼしき女性の姿をよく見掛ける。出雲大社や松江市の八重垣神社といったメジャーな所はもちろんだが、島根県に住んでいてもあまり知らない所へも、足を運んでいる。

 たぶんネットでいろいろ情報を集めるのかな。スマートフォン片手に境内の雰囲気を確かめながら歩く人が目立つような気がする。

 女性の2人連れが定番なのだが、中には拝殿の前で一人で手を合わせている人も珍しくはない。男性とのご縁だけでなく、幸せになりたいとか、癒やしを求めて来るんだろうなあ。

 随分昔になるが、知り合いにお参りの仕方を聞いた時、自分の住んでいる地域を守っている氏神様に行くよう勧められた。そのことを思い出して、子供の頃から今の土地に住んでいる夫に話し、お参りに誘ったのだが「小さい頃は、たまに秋祭りに行ったかなあ。でも夜店が少ないんで、あまり面白くなかった」なんて罰当たりなことを言っていた。

 まあ、確かに私も小さい頃は神頼みなんて考えたこともなかったし、受験の合格祈願も気休め程度。でも大人になると思うようにならないことがいくらでも出てくる。今年は知り合いの勧めを思い出して、拝みに行ってみようかと思う。

 (松江市・くるみ)

2019年10月13日 無断転載禁止