ウェールズ、フランスが調整 ラグビーW杯の準々決勝で対戦

 ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会の準々決勝(20日・昭和電工ドーム大分)で対戦するウェールズとフランスが16日、大分県内で調整した。練習前に記者会見したウェールズのフッカーのオーウェンズは「自信はあるが、おごりはない。自分たちのプレーに集中して、80分間いいパフォーマンスをすることが大事」と話した。

 フランスは12日に予定されていた1次リーグC組のイングランド戦が台風の影響で中止となり、6日のトンガ戦以来の試合。試合勘が不安視されるが、ロックのガブリヤグは「全員がしっかり準備できている。ウェールズは防御がいいので、対応しないといけない」と語った。

共同通信社 2019年10月16日 無断転載禁止