スサマジ逆転負け Bリーグ1部

【第9戦・島根|千葉】第2クオーター、シュートを放つ島根の北川弘(左)=船橋アリーナ
9点リード守れず

 バスケットボール男子Bリーグ1部(B1)西地区最下位の島根スサノオマジックは26日、アウェーの千葉県船橋市の船橋アリーナで第9戦を行い、東地区最下位の千葉ジェッツに67-79で敗れた。通算2勝7敗で、順位は変わらない。

 島根は北川弘や相馬卓弥らの3点シュートで一時9点差をつけたが相手守備に攻めあぐね、第2クオーター中盤に逆転を許した。後半は食らい付きながら好機を逃す場面が多く、試合全体で計18本のターンオーバーを喫した。

 第10戦は27日、同会場で千葉と対戦する。

 ◇第9戦(26日・船橋アリーナ、4605人)

千  葉 7915-2467 島  根

4勝5敗   25- 9  2勝7敗

       20-20

       19-14

 【評】島根は第2クオーターに相手守備に苦しみ失速し、後半もリズムを取り戻せなかった。

 第1クオーターは4人が3点シュートを決めて9点差をつけた。第2クオーターに入ると、厳しくなった相手のマークに苦戦。シュート成功率が22.2%で9得点と勢いがしぼみ、5本のターンオーバーを喫して失点を重ね、逆転された。

 第3クオーターはファウルがかさんでフリースローだけで10失点しながらも、カーターの9得点などで粘った。第4クオーターはターンオーバー8本と再び精彩を欠き、突き放された。

2019年10月27日 無断転載禁止