体験コーナーやVR充実 サヒメルがリニューアルへ

本館2階の完成イメージ図
 展示施設のリニューアルのため県立三瓶自然館サヒメル(大田市三瓶町)が11日から来年4月中旬まで休館する。体験コーナーや仮想現実(VR)を駆使した映像などを充実させ、集客力を高める計画。展示物の案内表示を多言語化し、訪日外国人客(インバウンド)対応を強化する。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2019年11月9日 無断転載禁止